TOP >> ベロメタル製品案内 >> 標準型

ベロメタル「標準型」

概要と特長

20℃の環境下、3時間で硬化。あらゆる物の補修に最適な万能タイプ。

標準型は鋼、ステンレス、鋳鉄、アルミニウム、真鍮、砲金、銅、鉛、ガラス、木材、石、人造石、コンクリート、化成品類、アスベスト、天然ゴム、陶器の同種または異種の補修が可能です。接合面は導電性、腐食がなく、硬化するとジュラルミンのように硬くなり、24時間経ちます
と研磨、穴あけ、ネジ切り、切断といった機械加工が可能となります。溶着後も容積は変化せず、油類、アルカリ、酸、各種燃料、ガス、水、高低温に強い抵抗力があります。さらにガンマ線、放射能を受けても性能が低下せず、核燃料関連、原子力発電所での使用も可能です。世界123カ国のありとあらゆる所で信頼されて既に30数年間、他の追随を許さない接着剤の定番です。

標準型の物理的特性

圧縮強度 128N/mm2
ブリネル硬度HB10 85
引張強度 44N/mm2
曲げ強度 105N/mm2
引張せん断強度 25N/mm2
単体耐熱性 約300℃
導電率 6.2×10-5×1/Ohm×cm
比重 2.7
溶着完了時間 20℃で3時間
ベース剤と活性剤の混合比率 1:1(容積)
引火点 460℃
塗布量と塗布可能面積 1kgを6mmの厚さに塗ると617cm2

製品仕様一覧表

標準型の使用手順

  1. 粗目のサンダーやヤスリ、ワイヤーブラシ等を用い必ず錆・塗料・メッキ等を完全に除去して、粗目の下地を作ります。その際、滑らかにするのではなくザラザラにあらしてください。

  2. ベロメタルクリーナーを布あるいはブラシ等に十分に含ませ補修箇所をきれいにします。

  3. ベース剤及び活性剤を各容器の中で完全に撹拌してください。冬季など低温時あるいは長期保存後は中身が硬くなっていますから、ドライヤーで温風を吹き入れてから撹拌してください。

  4. 計量する必要はありません。目視で構いませんので混合板の上に容積比1:1でベース剤と活性剤を置きます。使用したヘラはその都度クリーナーできれいに拭き取ってください。

  5. 混合板の上でベース剤と活性剤を色ムラが無いように、3分くらいで強くかき混ぜてください。

  6. 施工時のベロメタルの厚さは6mm以上になるように塗布します。

  7. 塗布後、ベロメタルの表面をよく仕上げるには、クリーナーを含ませた布で軽く押さえます。硬化時間を短縮したい場合は、混合時に温風を吹き付けます。また施工時間が長引く場合は、混合板上に薄く延ばし硬化時間を遅らせて使用します。